太陽光発電の重要なポイントとなるのが太陽電池です

太陽光発電は幾つかの装置が1セットになって稼働します。
中でも発電のシステムの中心になっているのが太陽電池で、みなさんが太陽光発電と言われてイメージする屋根の上に乗っているパネルがそれにあたります。
すなわち、太陽電池は太陽の光エネルギーを一身に受けて、自然のエネルギーを電気エネルギーへと変換する装置です。
この装置があって始めて私たちが、二酸化炭素を排出しないクリーンな自然エネルギーを享受することができることになります。
メーカーごとに様々な装置が開発されていますが、シリコンなどの半導体で作られたものが現在主流といえるかもしれません。
この半導体部分に太陽光が当たると、日射強度に比例して発電する仕組みになっています。
光のエネルギーを電気エネルギーに変えるにあたり、ポイントとなるのが変換効率です。
変換効率とは、太陽電池に当たった太陽エネルギーのうち、どのくらいの割合が電気エネルギーに変換できたかというもので、この割合が高いほど効率的といえるでしょう。