がんがん発電して初期費用回収

我が家は府中市で暮らしているのですが、先日待望の太陽光発電を導入しました。
屋根の上がとても格好良くなって嬉しいです。
色々な方が我が家の屋根を見ています。
きっと太陽光発電が気になる方が多いのでしょう。
ご近所さんには、どんな調子?と毎日のようにきかれます。
なのでその度にすすめていて、お隣の家も導入を決めたようです。
太陽光発電の普及に貢献できたのでしょうか?
なるべく安く導入したい、というのが最初の考えでした。
なので府中市に近い業者で見積もりをとった時、高い見積もり金額の業者はよく中身も見ずに、候補からはずしていました。
しかしインターネットなどで情報を得ている内に、高いのはアフターサービスや発電量が良いから、という情報を得たのです。
よく資料を見てみると、本当に他の業者よりもサポート面がしっかりとしていて、紹介されていたメーカーは、発電量が他のメーカーよりも高かったです。
見積もりが高かった理由が分かり、次第に発電量が高い方が良いのかもしれない、という考えになりました。
確かに設置にはお金がかかりますが、発電量が高ければその分光熱費も抑えることができますし、売電量も高くなるでしょう。
初期費用の回収もはやいのではないだろうか?と思い、業者と相談してみることにしました。
相談した結果、発電量が高いメーカーを選ぶことにし、当初よりも初期費用はかかりました。
それでも今発電をがんがん行っているので、光熱費はゼロになっています。