今後の太陽光発電システムの普及予測

福島県内にある東京電力の原子力発電所が引き起こした事故とその後に甚大な被害をきっかけとして、電力供給源の安全性の確保が急務となっています。
特にエネルギーを電力に変換するときに生じるリスクの低い自然エネルギーを活用する太陽光発電が大きく関心を集めているでしょう。
荒川区で行われた街頭調査によると、太陽光発電システムに注目していると回答した人が全体の80パーセントを超えており、具体的に興味を持つ人が増えているのは事実となっています。
不動産業界の予測では、今後新築される住宅や分譲マンションの多くにソーラーシステムが設置され、自家発電設備を備えた住居が急増するとの予測です。
荒川区で今後新築される一戸建て住宅については、30パーセント以上がソーラーシステムを設置するだろうとも予測されています。
新築分譲マンションについても、10パーセント近くがソーラーシステムを設置すると予測されており、ソーラー発電システムが今後数年で一気に普及し一般化すると考えられるでしょう。