家族の時間を増やす為に太陽光発電を取り入れる

家族がバラバラの部屋に居る事が多いという家庭の方は太陽光発電を取り入れる事によって、
一つの部屋に家族みんなが集まる機会が増えるかもしれません。
実際に私の家庭も太陽光発電を取り入れてから、みんながリビングに集まる機会が増えてくれました。
私の家では家族みんなが違った趣味を持っており、
私が漫画を描くのが趣味で、兄は楽器の演奏という趣味を持っており、
母親がリビングでドラマの鑑賞、父親が自室でプラモデルの作成を趣味にするという、
それぞれ別々の部屋に閉じこもって趣味に没頭している時間が多いのが困りものでした。
家族みんなが別々の部屋に居て寂しい家庭という事もありますが、
問題になってくるのが別々の部屋に家族が居る事による光熱費の上昇です。
リビングにみんな集まっている時間であれば冷暖房も一部屋分だけで済みますが、
家族全員が別々の部屋に居ると、部屋の数だけ光熱費がかかってしまいます。
家族みんなが趣味に没頭している時間が長いと光熱費も凄まじい事になり、
この状況ではいけないと母親が考えて家族会議をする事になったのです。
家族会議では光熱費の問題だけでなく、家族で一緒に過ごす時間を増やすという事も話し合われて、
なるべく趣味の時間もリビングでみんなで一緒に過ごそうという事になったのです。
しかし一部屋分の光熱費で済ませる時間が増えると言っても、
兄の楽器の演奏などは自室で行わなければ迷惑になってしまいますし、
世田谷区は夏と冬の気温差も激しく、光熱費の問題はどうしても付きまとう事になり、
その解決策として太陽光発電の導入が提案されました。
そして太陽光発電が導入されてからというもの、
光熱費が削減されるだけでなく家族の意識が変わったというのが印象的でした。
自分の部屋に居る時も冷暖房の温度をなるべく下げる様に気を付けていますし、
家族でなるべく一緒に居る時間を増やそうという意識も家族みんなから感じられるのです。
太陽光発電は家族の意識を変える良い機会になってくれたと思います。