東京ではじめる太陽光発電

東日本大震災を境にして、電力需要が大きく変わってしまいました。
東京をはじめとした都市部の電力の大半はこれまで地方に負担してもらっていたことがようやく多くの人の理解できる形となりました。
その結果として、今後長期的に東京を中心とした都市部では特に夏と冬のようにどうしても冷暖房を使用しないと過ごしにくい天候の時は電力の需給バランスが崩れるリスクが出てきています。
そのような状況にあるだけに自宅の屋根でしかも太陽の光だけで発電ができるという太陽光発電はとても魅力があります。
残念ながらマンションの場合は、共用部分への電力として太陽光発電の利用はあっても、各戸にとってはまだまだメリットが感じるような状況にはありません。null
より太陽光パネルの設置が進み、太陽光発電の恩恵を受けやすいのは、何といっても一戸建ての住宅です。
一戸建ての場合、屋根に太陽光パネルを設置することで、発電できます。
今後家を購入したり、建設するときには、地要綱発電の導入も合わせて計画したいものです。
自宅で発電ができるということは、ただ環境にやさしい発電方法であるというだけでなく、災害にも強いということになります。
今後大規模な地震が発生する可能性もあるといいますし、他の災害のリスクもあるでしょう。
そのような時に自宅で発電できる能力があると、送電網に何らかのトラブルがあっても、電気の消費が可能という非常に安心感があるものです。
東京でも太陽光発電の導入を検討していきたいものです。