東京のビルの屋上に太陽光発電システム

福島第一原発事故によって大きな被害を受けました。
そもそもその福島第一原発で発電された電力と言うのは東京都が利用するためのものです。
つまり、東京にも関係がないとは言えません。
だからこそ、東京では福島第一原発事故の反省から脱原発に動くのが道理と言えるでしょう。
nullその道理として見直されているのが再生可能エネルギーです。
原子力発電所のような大きな事故のない安全の発電システムです。
そのなかでも、注目を浴びているのが太陽光発電といってもいいでしょう。
でも、東京は狭いから太陽光発電を設置する土地がないと思っている人も多いと思います。
確かに、東京では狭い敷地のなかに多くのビルが立ち並んでいるのでそう思われても仕方がありません。
しかし、建物が建っているのなら、必然的に屋上があります。
その屋上(屋根)に太陽光発電システムを設置しているところが増えているのです。
一般家庭の屋根と違って、ビルの屋上ではスペースが広いため、効率的に設置することができ意外に太陽光発電に適しています。
でも、東京は日々変化しており、去年なかったのに今年になって隣に高いビルが建ったというケースも考えられます。
高いビルが建つと日照時間が減り発電量が激減してしまいます。
そのため、太陽光発電システムを購入するのではなくレンタルで利用したほうが便利かもしれません。
状況に合わせてビルの屋上を有効利用していけば、大きなメリットとなると思っています。