知っておきたい太陽光発電システム

個人でも扱いやすいメリットがある太陽光発電システムは普及率が高まっています。
でも、なぜ太陽光で発電できるか仕組みを理解していない人が多いのです。
理解しているつもりの人のなかには「太陽光が熱になって火力発電みたいに水蒸気を作ってタービンを回す」と思っている人もいるようです。
それは太陽光発電ではなく太陽熱発電として実際に研究が進められている別のものなのです。
誤った知識はトラブルの元となるのです。
だからこそ、太陽光発電システムを利用している人利用しようとする人は、きちんとした知識を得ておく必要があります。
では、太陽光発電の仕組みはどういうものかというと次のとおりです。
太陽光発電は光電効果というものを利用して発電されています。
N型シリコンとP型シリコンという2つの半導体を二枚重ねにします。
その接合面に太陽光が当たると電位差が生まれて電流ができるのです。
その電流の大きさは太陽光の光の強さに比例します。
だから、朝方や夕方の太陽光よりも日中の太陽光のほうが発電量が大きいのはこのためです。
それが太陽光発電パネルの小さな一つ一つで発電されているのです。
そのパネルを直流で繋がれています。
直流の電気はそのままでは家電で利用することができません。
そのため、発電されたエネルギーはパワーコンディショナーに通されるのです。
パワーコンディショナーでは直流電力を制御するとともに交流電力へ変換してそれぞれの家電に配電されていくことになります。
太陽光発電システムと言うと屋根に設置されている太陽光発電パネルばかりが注目されますが、それだけでは発電した電力を使うことができません。
パワーコンディショナーをはじめ接続箱や屋内分電盤なども必要であることを知っておくべきです。
正しい知識を得ておけば、万が一太陽光発電システムで不具合が生じたときに、すぐに対処することができます。
このように、太陽光発電システムは十数年と使い続けるものなので、正しい知識を得ておく必要があります。