新しい電力エネルギーへの転換点

東日本大震災と福島第一原発事故と立て続けに大きな災難に見舞われた日本では大きな分岐点に立たされています。
それが新しい電力エネルギーの形成です。
今までの日本では火力発電と原子力発電の2つが大きな割合を占めていました。
しかし、どちらも大きな欠点を抱えているのです。
火力発電では海外の石油や石炭といった天然資源を海外に依存しなくてはならず、国際情勢によって安定的な供給が受けられない可能があります。
さらに、二酸化炭素を排出するため、地球温暖化が危惧されています。
一方、原子力発電では核廃棄物の処分方法や福島第一原発事故のような大事故に陥る可能性があります。
また、火力発電も原子力発電もどちらも広範囲な地震が起こると同時に停止してしまい、大規模停電に陥ってしまう危険性があります。
そのため、新しい電力エネルギーへの転換が余儀なくされています。
その中で注目されているのが再生可能エネルギーです。
火力発電のように天然資源を利用しないため、海外に依存する必要もなく国際状況に左右されて不安定化になるとはありません。
また、発電するときに二酸化炭素も出さないため、地球温暖化を防止することもできます。
発電に二酸化炭素を出さないのは原子力発電も同じですが、こちらは二酸化炭素の変わりに核廃棄物が出ますし大事故の危険性もあるのです。
このように、再生可能エネルギーには大きな可能性が秘められており、今後の火力発電・原子力発電に変わる新世代のエネルギーとして注目されているのです。
その再生可能エネルギーといっても、いろいろあるのです。
太陽光エネルギー、水力、風力、潮力、波力、海流、地熱、バイオマスなどがあります。
それぞれ一朝一夕でメリットデメリットがあり、どれをどのように組み合わせていくかによって電力エネルギーは大きく変化していくと言っても過言ではないのです。
そのなかでも注目されているのが太陽光エネルギーを利用した太陽光発電を避けるわけにはいけません。